いろいろと

おはようございます!

久しくブログ更新していなかったので、なんか色々あったし長々と綴っていきたいと思います( ◜௰◝ )よろしくお願いします!

 

今週はJUMPファンにとっては盛り沢山でしたよね?!少なくとも私は盛り沢山で仕方なくて...

 

OTT発売

光くんJ:real

ポポロほぼエロ本

Mステ

バズリズム

光くんの地声似さんCAS

 

などなど、これからあることもですが書き出してみました。

どうでもいいことなのですが、私自身最近あまりJUMPに湧いてないのもあって...

毎週見てたヒルナンデスも

いたジャンも

毎日のようにみてたYouTubeでの懐古映像も

なんかぜーーーんぶ見てないですね( °_° )

 

でも光くんみるとやっぱ本当に大好きだから困るんだよな~!!!!!(大の字)

OTTもすっごくかっこよくて!!

今回のDVDはやぶひかが盛り沢山でツライの極みでしたね。

それに関してもなんか湧き方を忘れてしまったように冷静にみちゃったな~なんて...

 

いきなり話は変わるけど、やぶひか厨とか、八乙女担てJr時代からのファンの方が多くて、デビューからのファンの方でも未熟、みたいなそう言う風潮(?)があって......

てゆうかもともとお姉さん方が多くて!

そんな方たちに比べると私なんかド新規中のド新規じゃないですか。

みんなが知ってる八乙女光のことも知らないことがまだまだあるし、Ya-Ya-yahのことだって深くは知りません。

ファン歴ってどうでもいいっちゃどうでもいいかもしれないけど、私は絶対的にどうでも良くないと思うんです。

長ければ長いほどいい、ってそんなことないんだろうけど、私はながければ長い方がいいと思います。

苦しかった頃の彼らのことも、幼かった頃の彼らのこともリアルタイムで知れてるんですから。

その中で、もちろん昔からのファンの方と最近好きになった方の間で、すくなからず差はあると思うんです。

だからと言ってどうということはないんだけど、「私みたいなやつが...」とか思ったり、だんだん周りの友達がJUMPを離れていっちゃうのもあって、前みたいに盲目ではなくなったかなって( ´ー`)

なんか「アイドルと一般人」として、ちゃんと現実を見るようになったというか...客観的に見れるようになれましたね!( 笑 )

こっちがどれだけ想っていても、光さんは当たり前だけど私のことをファンのひとりだとしか思っていないし、まず顔すら知らないでしょ?( 笑 )

それにいつか結婚してしまうかもしれないし、自分の恋人になるわけでもないじゃないですか。

ぜんぶぜーーーんぶ当たり前なんだけどね( 笑 )

それを最近ようやくちゃんとはっきり分かったんでしょうね~、自分( 笑 )

私の周りには彼氏がいる子もたくさんいるし、ドルヲタやっててもリアルに好きな人がいる子ばかり。

私は好きな人なんてできないから光くんがいればそれでいいかな、なんて思っていたけど、大人になったらそうも言ってられないじゃない( 笑 )

だから現実ちゃんと見ようって言うのが最近の自分の中でしっかり芽生えた思いですね~(どうでもいい)

まあ、ドルヲタやめても彼氏はできないと思うんですけどね~!

 

まあこんな私も最近ほんとにやりたいことが見つかって( ´ω` )ホッ

 

まあそれについては深く語りませんが...( 笑 )

いつまでも親に頼ってばかりいられないからね。

進学するか、就職するか、毎日悩む日々でして...お金も貯めないといけないから...

だからJUMPに貢ぐのやめるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーーんてやっぱできないかなぁ。

今の生きがいはどう考えてもJUMPだし...。

とりあえず十周年は全力でHey!Say!JUMPを

おうえんしていこうとおもいます( ◜௰◝ )

 

 

こんな事言ってるわたしですが、PVの光さんをみて好きすぎて死にそうになり、やぶひかみて死んで、J:real踏んで瀕死、ポポロみて光さんにリア恋…(?)してるので多分まだまだJUMPファン続けていくんだと思います。

 

降りる時はHey!Say!JUMPに、八乙女光くんに感謝して終わりたいから、まだまだ未熟なわたしが成長していかねば!!時間かかりそう~、ほんとに降りれる日が来るのかな...

 

結局光くんのことが私大好きでした。

テスト週間になーーにやってんだか。

 

これからもよろしくお願いします( ◜௰◝ )

では、また。

 

担降り

担降りについてちょっと書きたいなぁーと思います。

 

2017年は、Hey!Say!JUMPにとって、節目の年。

10周年の年ですね!

 

Hey!Say!JUMPも元旦からコンサートをやり、「今年は特別な年」と色々なメディアで発言しているので、なにか例年とは違う新しいことに挑戦するんだろうな~と思います。

 

でも、当たり前ですが、ファンには様々な人がいるわけで...それに「その人の中のHey!Say!JUMPが何歳か」というのも大きく関わってくると思うんです。

 

この文章ではよくわからないと思うので、

簡単にいうと、"Hey!Say!JUMP担歴"です。

 

デビュー前から好きという人も、今日から好きという人も、好きになるタイミングは人それぞれで、好きという気持ちに変わりはない、ですよね。

 

ずーーーっと前から好きな人でも、

Hey!Say!JUMP人気になってきて遠い存在になっちゃったなと思う人もいるだろうし、

露出が増えてきて嬉しい!と思う人もいるだろうし...

 

最近好きになった人は、

もっと前から好きになりたかったとか、

知らないことが多すぎる!とかとかとか(´-ω-`)

 

古株VS新規!!みたいなこともあったり...

Hey!Say!JUMPのファンなのは同じなのに、

傍から見ると不思議な感じですよね。

 

 さてさて

前置きが長くなりましたね!本題に入りますよ!

 

最近嬉しいことに、私にもオタ友というものが増えてきて、目を輝かせていた矢先...

 

「JUMPはもう十周年だし、きりがいいから」

「今はJUMPよりこっちのが興味あるから」

「お仕事が忙しくなるから」

 

などの理由でどんどん仲のいいオタ友が降りていくようになりました(´;ω;`)

それはやむを得ないことだけど、本当に悲しいことで...私もいつか...と考えられずにはいられなかったので、この記事を書きました。

 

今は本当に八乙女光君のことが好きで、Hey!Say!JUMPのことが好きだし、ほかに没頭できる趣味もろくにないから降りるとか考えられないけれど、

なんせ私は飽きっぽくて目写しやすい性格だから、降りる時は一瞬なんだと思いますヽ(´ー`)ノ

それに、今いるオタ友がやめると言ったらすんなり私もやめると思います。

 

降りてしまえば、

「そういえば前Hey!Say!JUMP好きだったなぁ」

くらいだと思うし、必死に集めてたグッズもすぐ"自分には必要の無いもの"になってしまうんだと...。

 

それでも今は好きだし、大切な思い出、大切なものが詰まってるオタクを...!!やめる気はさらさらないです。

 

でも結局オタクって意地の張り合いなんじゃないかな?

 

同担拒否だって、結局1人のアイドルを自分のモノにして、箱に入れてしまっておきたい。誰にも渡したくない。誰かに優しくしてるのを見たくない。私だけを見てほしい。

そう思っているからなのでは?
個人の見解なので、許してください。
それに、私も分からなくはないです、むしろ私もこれに近い感情を持っているので...😌
でも、八乙女光くんの好きなところを分かち合える、語り合える同担は大好きです!
だから私は、同担拒否はしません。

 

好きでもやっぱりオタクに気疲れする時はあるし、やめたいと思うこともそりゃあります。

 

・自分が入っていないコンサートの公演中

・自分が入っていない公演の闇写をみたとき

・レポをみたとき

・普通に冷めてる時

・落選した時

 

こんな時はふつーにオタクやめてえ!と思うし、

稼いだお金が私の大好きな洋服に貢ぐことが出来たら、今ごろどれだけ欲しい洋服が買えているんだろうなと思うことも無きにしも非ず。

じゃあやめろよ!という感じですよね...( 笑 )

 

 

心の片隅ではいつもオタクやめろと言われれば、

すぐにやめれるような気もします。

 

私の中のオタクはほんとにデリケートで、何かのキッカケですぐに壊れてしまうような気がしてならんです。それは言うなれば爆弾ですね。

なにかのキッカケで爆発してしまえば、今まであった全てが消えてなくなる、そんな感じです。

 

だからと言って前にも言ったように、すごく八乙女光のことは好きなんです。重く深く大好きです。だからこんなに不安定なんです。

それは、自分もこうやって文字にして表すことで、自分が思ってることを理解するというのとも少なくはありません。

 

こうやって書いていて思ったのは、

「あ〜八乙女光が好き"すぎる"んだな」って。

好きじゃなかったら、

自分が入っていない公演だってどうでもいいはず。

闇見たって、だから何?て感じで。

 

だから今、オタクやめたいと思うのは自分がアイドルの事を好きすぎているから。

ほんとうにやめたいと思う時は、感謝の思いで終わりたいと思います。

 

長々と書きましたが、まだまだ沼から抜け出せそうにないので、私は担降りしません。

もちろん今は、いつでも八乙女光くんのことが大好きで愛おしいから、オタクが楽しいから。

 

 

いつか「ありがとう」と言ってオタクをやめれる日まで私は、ハピオタライフを一喜一憂しながら、まだ残っているオタ友と一緒に続けていきます。

 

 

 

 

八乙女光って。

私は2012年4月10日(火)に「37歳で医者になった僕」(※ここからは「37歳で医者になった僕」を略して、医者僕と明記します。)を見て、八乙女光の存在を知った。でもまだこの時は存在走ってても名前は知らない。いわゆる"顔が好き"ってやつですね!

ただ光さんの周りに漂うオーラとか雰囲気が、無条件で私の好きと重なった気がした。

 

はじめは、面白そうなドラマだったからという理由で見ていただけだった。でもいつからだろう、八乙女光という一人の"俳優"の演技に惹き込まれて、目が離せなくなってた。

 

 転機が訪れたのは2013年1月12日(土)スペシャルドラマとして放送。Hey!Say!JUMPから山田涼介と有岡大貴が出演した、「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」だ。

山田涼介は、医者僕のワンクール前にやっていた「理想の息子」が大好きだったこともあり、前々から知っていた。

そして、山田涼介の所属しているHey!Say!JUMPが気になって調べてみると、なんと!!私が何度見ても顔が好きな八乙女光と同じグループではないかっ!!!

ここで私は、Hey!Say!JUMPを推していこうと決心することになる。

 

でも担当はどうする?

八乙女光担としてやっていきたいが、やっぱり王道の山田涼介なら家族みんな知ってるし、出てるドラマ全部おもしろいし、親も何も言わないだろうと思って、山田担への担降りLIFEが始まる。

 担降りLIFEの補足すると、私は記憶があるころから嵐が好きで、ずっと「櫻井くんと結婚する!」と言ってた根っからのジャニヲタだから、歌番組でもよくHey!Say!JUMPを見かけていた。

 

それほど意識して見るほど好きでもなかったから知っているのは山田知念中島で、それも名前を知っているだけだった。

それでも目に止まるのは名前も知らない男性(八乙女光)だったというわけで。

 

でもこの頃の私は八乙女光ってファンが少なそうだし、周りの人の反応はイマイチだし、胸を張って「八乙女光担!」と言える気がしなかったので、逃げに逃げて山田担になりました。(失礼な事言ってすみません。)

 

でも今思えば、見る度見る度惹きつけられるのは八乙女光だけだったわけだから、のちに八乙女担になることが確定されていたんだろうなあ。

 

そしてやっぱりHey!Say!JUMPのことを知れば知るほど八乙女光のことが気になって、どんどんその魅力から逃れられなくなってた。

 

このまま中途半端に山田担やってても、山田涼介にも八乙女光にも山田担にも、八乙女担にも失礼だと思って、自分の気持ちに嘘はつかないと決心し、私は、山田担になってからわずか2ヶ月(?)で八乙女光に担降りした。

 

担降りしてからのヲタクライフは驚くほどに楽しくて、キラキラ世界が輝いて見えた。

ずっと好きだった人を、素直な気持ちで応援することが出来て、もう後ろめたいことなんてひとつもない。

 

私がこの時よりずっと前から、八乙女光を初めて見た時からそして今でもこれだけは変わらない「八乙女光が大好きだ」という気持ちで、応援できる、そんな日々がとても輝いていた。

 

そして光さんの新しいことをひとつ、またひとつと知っていくうちにどんどん好きになっていく。どんどん魅了されていく。こんな感覚生まれて初めてだった。

 

そんな感覚を今でもずっと味わいながらヲタクを続けているわけだけど、初めから何回か綴っている「八乙女光の顔が好き」という言葉にはちょっと間違いがあって、私のタイプの顔は八乙女光とかけ離れた顔で、タイプの顔ではないということをちゃんと伝えておきたい。

 

本来の私の好きな顔は、菅田将暉のような透明感のある薄い顔で...。

 

まあそれは置いといて、八乙女光は人として好き。

どこまでも地平線のようにストイックで、名前の由来の通り「周りの人を照らす光」で、地元・仙台が大好きで、笑いに貪欲で、ファン想いで気合入れて「世界一(幸せな)ファンにする!」とか言っちゃって間違えちゃうし、他のことでもすぐに言い間違いして、おバカで天然で、目立ちたがりで、そのくせすぐにてれちゃうけど、JUMPのファンよりJUMPのファンで、カメラに映ってようが映っていまいが真剣にやってること、

 

ファンのみんなはわかってると思うの!で!

 

できれば光くんの理想の女性に近づきたいし!!!!!(到底無理)

顔も好きだし、キャラも好きだし、ダンスも好きだし、考え方も好き!!!!!仕草も好きだし、性格も好きだし、言い出したらキリないから言わないけど全部全部好きなんだよ!!!!!大好きなんだよ。

 

アイドルなのに「俺みたいな」とか「こんな俺でも」とか言っちゃうけど、そんな俺が私たちは好きなんだから、もっと自信持たせてあげたい。

 

私たちファンに出来ることはほんの小さなことかもしれないけど、私が思うに

「私は〇〇のファンだ!」と胸はっていうことが彼らアイドルにとっては少しでも支えになるんだろうな。

 

 

 

 

だから私は今日も胸を張って「八乙女光のファン」を続けるんだとおもう。ではではこの辺で。